読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母ちゃんが教える『何とかなるよ』 nantokanaruyo.com

幸せな生き方、教えたるよ。あなたが辛い時、寂しい時、迷った時、一人で乗り越えていけるように。頑張れるように。相手を思いやれる優しい人になってくれるように。間違わんと生きていってくれるように。あなたの心に、きっと届くように。

母ちゃんが教える6『怒ることはダメなことか?』

母ちゃんです。

 

怒る人は幼い人だとか、キレるのは社会人失

格だとか、怒りは我慢するもんだとか、そん

なこと言う人がおる。

 

何をアホなこと言っとんのやろか。

人間なんやから腹たてて当たり前やないの。

 

そんな綺麗事言う人に限って、人をうわべだ

けでしか判断せん小さな人間なんよ。

強い人には媚びて、弱い人にはえらそうに

振るまって、仲いいと思ってても、まあすぐ

裏切る人間や。

 

知っておいてほしいことがあるんよ。 

怒りは、怒りの感情だけやと思ったら大間違

い。

 

自分をふりかえってみたら分かる。

悲しみが怒りとして出ることも、悔しい気持

ちが怒りになって出ることもある。

理不尽な扱いを受けて、自分を大切にされて

いなくて嫌だって思う気持ちもね。

人からはただの怒りに見えるけど。

 

でも、母ちゃんの経験上、怒りだけの感情な

んてあんまりない。

 

怒りだけの感情でキレてるんやったら、それ

はあかんわ。

でもそうじゃなかったら、非難することで余

計にその人を追いつめてしまう。

追いつめるのは、もっとあかんわ。

 

母ちゃんは、怒る人はええ人やと思うよ。

怒る人は、不器用で真っ直ぐで優しい人が

多いでね。

 

母ちゃん、それほどに何か悲しい気持ちがあ

ったんちゃうかなって思うよ。

頑張ってたんやけど、溢れてしまったん

やろかなって思うよ。

自分の気持ちを分かってほしいって訴えとる

ように聞こえるよ。

 

その人が間違ってたとしても、そんなときは

ほっとけやん。

 

少なくとも、みんなが引いているという孤独

と恥ずかしさと後悔と、他人の冷たい目と、

それでも分かってほしい気持ちとあって

苦しいんやと思うでね。

 

間違ってることをバカにすることは違うし、

間違ってるからといって関わらないようにす

るのも違う。

取り乱してバカじゃないの、と思うのはもっ

と違う。

 

大事なんは、間違っていようが、その人のま

いた種であろうが、まずはその人のそんな気

持ちを考えてあげられること、分かってあげ

られること違うかなって、母ちゃんは思う。 

 

その人が元気になってから、色んな話をした

らええんよ。

そんなわざわざ一番弱っとる時にとどめさす

ようなことしたらあかんのよ。

自分がそうされたら嫌やわね。

 

そして、そこを大事にしている人の話やない

と伝わらんやろね、きっと。

自分のことを、大切にしてくれる人の話は、

聞こうと思うやろね。

 

母ちゃんは、

人の痛みの分からん人間は嫌いや。

自分の心と同じ心が相手にもあることを忘れ

たらあかん。

 

怒ることは別にあかんこととちゃう。

そやけど、みんなそれぞれ感じかたも価値観

も違うでね、理解してもらうことも難しいか

もしれやんわね。

損することが多いかもね。

 

怒らんで過ごせたらどんなに楽やろね。

でもそれは、つまらん人生やな。

 

 

 

ええやん、怒ってしもても。

 

 

 

母ちゃんは、そんなあなたも好きやわ。

 

 

©Copyright2016 母ちゃんが教える All Rights Reserved.