読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母ちゃんが教える『何とかなるよ』 nantokanaruyo.com

幸せな生き方、教えたるよ。あなたが辛い時、寂しい時、迷った時、一人で乗り越えていけるように。頑張れるように。相手を思いやれる優しい人になってくれるように。間違わんと生きていってくれるように。あなたの心に、きっと届くように。

母ちゃんが教える10『失言なんて気にしなくていい』

生き方①

母ちゃんです。

 

失言ってよく言うけどね、

確かに分かりやすく失言してしまう人ってお

るわね。

 

場の空気読めやんかったり、人の立場になっ

てもの考えられやんだり、あるいは、認めて

もらいたい、いい人に見られたいという感情

からということもあるやろね。

 

失言はあかんことやろか。

失言する人は変な人なんやろか。

母ちゃん、そうは思わんよ。

 

母ちゃんが出会ってきた人のなかにも、失言

しやすい人たくさんおったけど、みんなちょ

っとどこかで不器用なだけで、みんなええ人

やったよ。

 

場の空気読めへんくて失言してしまうんやっ

たら、読めへんのやからしょうがないわ。

 

人の立場になってもの考えられやんと失言し

てしまうんは、もともと違う立場なんやか

ら、分からんくてもしょうがないわ。

 

認めてもらいたい、いい人に見られたいと思

って失言してしまうんは、かわいいやない

の。ほんならしょうがないわ。

 

母ちゃん、失言は悪いこととは思わんよ。

分からんかっただけなんやから。

 

 

母ちゃんの思い出話しよか。

 

昔会った人に、ひどい母子がおってね、

その母子は、誰の目から見てもひどかったか

ら、みんなその人を刺激せんように、それで

いてみんなも怖かったんやろね、助けてもく

れへんくてね。

その母は、同じ血の通った人間やろかと思う

ほどで、娘が目をつけられてしまってね。

 

母ちゃんも娘もそれはそれは辛かったときが

あったんよ。

 

そんなときに、事情を知っとるはずの人が遊

びにきてね、なぜその母子は誘ってやらない

んだと言ってきてね。相手の気持ちになった

らそれはどうなの?みたいなこと言ってね。

 

その人は、母ちゃんのことが大好きやとずっ

と言ってくれとった人でね。

 

その人もまた、よく失言しては、まわりの人

を離してしまう人やったわね。

 

言われた時は、困ったわ。

その人は、悪気はないんやわね。

相手の立場になって、気持ちになって、考え

ることができへんだけなんやわね。

自分の中の優等生みたいな言葉を何も考えず

に使ってしもたんやろね。

 

だから母ちゃん、静かに話したわ。

 

今の私の立場や気持ちになって考えてみてって。

私が辛い思いしてること忘れとるよ。

そう言われたら辛いんよって。

 

 

すぐに理解して、泣いて謝ってくれてね。

そんなふうに伝えてくれる母ちゃんのこと

が、大好きやって。

 

分からんかっただけなんよ。

だから悪くないんよ。

 

分からんもんはしょうがない。責めへん。

これが母ちゃんのポリシーやでね。

 

何年経つやろね。

 

その人はいまだに母ちゃんのこと大好きなん

やって。

ほんなら母ちゃんは、これからも正しく生き

てかなあかんわね。

恥ずかしくない生き方してかなあかんわね。

 

 

失言してもええんよ。

 

©Copyright2016 母ちゃんが教える All Rights Reserved.