読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母ちゃんが教える『何とかなるよ』 nantokanaruyo.com

幸せな生き方、教えたるよ。あなたが辛い時、寂しい時、迷った時、一人で乗り越えていけるように。頑張れるように。相手を思いやれる優しい人になってくれるように。間違わんと生きていってくれるように。あなたの心に、きっと届くように。

母ちゃんが教える26『人は総合力で判断すること。』

 

 

母ちゃんです。

 

 

母ちゃんは、人と関わるなかで、絶対のルー

ルがある。

 

それは、その人にどんな欠点があろうと、ど

んな長所があろうと、そんなもん、その人が

備えとる全体部分のたった一部分やから、そ

んなくだらんことで、その人を判断しないと

いうものや。

 

小さな人間ほど、人を否定したがる、決めつ

けたがる。

そんな人間は、自分は出来た人間やと、勘違

いしとるので、人を許すこともできやん。

文句ばかり言っては、いつも人を責めたが

る。

 

 

そういう人は、人から愛されることはない。

 

 

 

 

 

一つだけ、注文がある。

人は、本当に身勝手でわがままでどうしよう

もない。

だからいつも母ちゃんが相手に望むことは一

つだけ。

母ちゃんのことをずっと大好きでおってくれ

ることと、母ちゃんや、母ちゃんが大切に思

う人のことは、同じように大切にしてくれる

こと。

 

後の全部はどうでもいいけど、これだけはあ

かん。許さん。

 

 

 

欠点は直さんでええよ。

他で頑張ったらええんや。

いいとこも悪いとこもあって、あなたや。

その、いいとこも悪いとこも引っくるめて好

きやから、直してもらうとちょっとタイプか

ら外れるで困る。

でもな、人に迷惑なこととか、人を悲しませ

たりとか、人を嫌な気持ちにするとこは一緒

に直していこな。

 

母ちゃんが大切な人を、他の人からも好きに

なってもらったら嬉しいでな。

 

 

 

 

 

 

父ちゃんはな、いっつも笑顔なんや。

 

言われたことはすぐ直す。

 

すごく素直な人やわ。

 

人の悪口は言わん。

 

娘が、父ちゃんすごいなって褒めたら、

 

「父ちゃんはすごないよ。父ちゃんのまわり

の人が頑張ってくれとるから、その人らのほ

うがすごいよ。」

 

って言う。

 

お金は、家族のためにしか使わん。どんな些

細なお金が入っても、まっすぐ渡しにきてく

れる。

 

いつまでもボロボロの服着とんのに、まだ着

れるでいらんといって、いつも同じ服着と

る。同じもん持っとる。

 

娘が胃腸風邪で吐きたおした時には、掃除は

全部父ちゃんがしてくれとった。嫌な顔はせ

んかった。

 

娘が病気の時には、母ちゃんは動じやんけ

ど、父ちゃんはずっと娘の様子を見ては心配

し続けとる。

 

家事のほとんどを、笑顔でやってくれる。

 

娘が赤ちゃんの頃、母ちゃんは連日の寝不足

で、夜泣きに頭が狂いそうになっとった。

「うるさい!」って言ったこともある。そし

たら父ちゃんは、「おいで。」って言って、

娘が泣きやんで寝るまで、あやし続けてくれ

た。

おかげで母ちゃんは寝れた。

 

母ちゃんが娘を叱りたおしとると、

母ちゃん怒ると怖いでな。それがどんなに迫

力があろうと、父ちゃんはそのときは一切口

を挟まん。母ちゃんと娘のそばにおる。

どっか逃げたりはせん。

 

そして母ちゃんが叱り終わると、さっと娘の

とこに行って、何も言わんと寄り添う。

母ちゃんが安心して娘を叱りたおせるのは、

父ちゃんがおるからや。

 

母ちゃんは父ちゃんにも厳しいけど、母ちゃ

んが信頼して言いたいこと言えるのは、父ち

ゃんにそれを受けとめる度量があるからや。

 

母ちゃんの友達は、みんな父ちゃんが大好き

や。父ちゃんはみんなに愛されとる。

 

うちはいつも笑顔で溢れとる。

 

 

 

母ちゃんが父ちゃんのことを許せやんのは

な、母ちゃんがそんな出来た人間やないから

や。

父ちゃんと母ちゃんの人生は別なもんやの

に、母ちゃんが子供育てる上で、どうしても

大切にしたかったことを、母ちゃんが勝手に

父ちゃんに押し付けとるんや。

 

 

 

それとな、忘れたらあかん。

今の父ちゃんにしたんは、母ちゃんや。

優しい人とおって、優しくならんわけがな

い。

 

母ちゃんとおる人は、みんな優しくなる。

当たり前やろ。そんだけ大切にする。

 

父ちゃんのいいとこばかりを見ることもない

し、あかんとこばかりを見ることもない。

いいとこもあかんとこもあって、父ちゃんな

んやでな。

 

母ちゃんは、無駄に人を責めやん。

その代わり、甘やかすことはしない。

その人、ダメにするやろ。

 

やったことはなかったことにはならんから、

それについては、自分の口から心から悪かっ

たと言ってくるまでは、離婚してもええと思

う気持ちに代わりはない。

父ちゃんのためにならん。

母ちゃんは、厳しい。

 

それが、自分がした責任をとるということ

や。

自分のしたことだけは、ちゃんと謝らなあか

ん。

他で頑張ってもあかん。

 

ただそれが出来たら、母ちゃんは、速攻許す

やろう。

 

 

 

今日この話をどうしてもしたかったから、母

ちゃんはあえて、父ちゃんの悪いところだけ

を伝えた。

 

いいとこも悪いとこもあって、人間なんや。

 

 

 

 

そして母ちゃんは、ほとんどのことは動じや

んうえに誰よりも気が強く、落ち込んどる暇

があったら即行動の人や。

 

そして、母ちゃんより強くて優しい人間は、

他におらんと思っとる。

 

 

 

 

 

 

大切な人のためなら、

母ちゃんは、鬼にもなる。

 

©Copyright2016 母ちゃんが教える All Rights Reserved.