読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母ちゃんが教える『何とかなるよ』 nantokanaruyo.com

幸せな生き方、教えたるよ。あなたが辛い時、寂しい時、迷った時、一人で乗り越えていけるように。頑張れるように。相手を思いやれる優しい人になってくれるように。間違わんと生きていってくれるように。あなたの心に、きっと届くように。

母ちゃんが教える28『好きな人』

人付き合い① 生き方①

 

 

母ちゃんです。

 

 

母ちゃんは、一回で落ちてしまう人がおる。

もちろんそれは心奪われるってことや。

母ちゃんが親友になってきた人には、全て落

とされてきたといっても過言ではない。

 

 

その瞬間はいつも、

「あかん、これ。落ちた。」

と思う。

 

 

 

その人とは、普段は弱くてもええけど、ここ

ぞという時だけは、勇気出せる人。

目の前のチャンスを、逃さんとつかんでくる

人。

 欲しいもんを諦めやん人や。

 

 

 

これもまた、母ちゃんと親友の話。

 

 

その人は、不器用な人でな。

思っとることが、誰の目から見てもよく分か

るほど何でも顔に出る。

 

その人は、結構社交的なので顔見知りも多かった。

でも母ちゃんは、その人と初めて会った時、

その人があまり幸せそうにはうつらんかった

んよ。

いっぱい我慢しとるように見えた。

笑ってるんやけど、笑ってない。

 

 

その人は、人に裏切られ続けてきた人の、特

有の表情をしとった。

 

 

 

母ちゃんは動く。

そういう表情をしとる人は、少し声をかけと

かんとあかん。頑張れやんのや。

 

 

 

母ちゃんは、声をかけた。

 

「母ちゃんの好きな顔しとる。」

 

その人は喜びながらも、

 

「本当?誰にでも言ってるんちゃう?」

 

と、嬉しいのを隠してこう言ってきた。

 

その人なりの謙遜やった。下手くそやけど。

 

母ちゃんは、

 

「思ってないことは言わんよ。」

 

と言った。

 

 

 

ある縛りの中で、グループでいなければいけ

ない場所やったので、そこに集まる人達に面

識はなかった。

 

 

母ちゃんはよっぽどのことがない限り、自分

から声をかけたりはしない。

気持ちに気づいていたとしても、自分から言

いにくる勇気がない人は、のちに裏切る人が

多い。

第一、どうしても欲しいものは、待っとって

手に入るもんじゃない。

取りにこいと思っとる。

 

 

母ちゃんは、甘やかすことはしない。

 

 

 

 

母ちゃんは、その人がとても気になった。

 

 

 

 

それからしばらくした時、その人からメール

が入った。

そこには、今のグループの中で、悲しい思い

をしたという内容が書かれていた。

 

 

同じグループの中におる人に、こういう内容

を打つのは、すごく勇気がいったやろう。

しかも、一生懸命言葉を選んだつもりやった

んやろうけど、そのメールは結構パンチがあ

った。

そして、とても悲しかったんやろなとそう思

えた。

 

 

 

母ちゃんが、落ちた瞬間やった。

 

 

 

 

母ちゃんは、メール読むなりすぐその人に電

話をした。落ちた時は速攻動く。

 

母ちゃんが、男らしいといわれる由縁や。

 

 

 

自分を信じてくれてありがとう。

勇気いったやろう。

ほんで、下手くそやな。感情だだもれやん。

これからは何も気にせんと、何も言葉選ばん

と、そのまま打ってきてな。

そのほうが好きやでな。

だいたい母ちゃんなんかそういうときはボロ

クソに言うでな。

もう心配せんでええよ。

母ちゃんがおるでな。

それと、今からおいで。

 

 

そう伝えた。

その人は、それまでに人に裏切られ続けてき

たこと、人に心を許せないこと、色んな話を

してくれた。

いっぱい聞かせてくれた。

 

 

 

落ち着いた頃に、二人でせかせかと、エコ

クラフトをした。

エコクラフトとは、紙のひもでカゴのような

ものを作るんや。

それを、作ることにした。

作っとる途中、その人の手から材料のひもが

飛んで、母ちゃんの飲みかけの珈琲にうまい

こと入った。

その時に初めて、その人の心から笑っとる顔

を見れたんや。

 

 

 

そして、グループの人の前では、母ちゃんは

その人を特別扱いした。

どんなときでも守ったると心に決めたから。

 

母ちゃんは女にもモテるので、他の人は、

「何であの人ばっかりなん?」

と言うてきた人もおったし、それを思ってて

もゆってこやん人もおった。

 

 

 

母ちゃんが味方につくこと。

それは無敵を意味する。

 

 

 

あんなに人に裏切られ続けてきた人やのに、

その人は、母ちゃんを信じてくれた。

まだ仲良くなかったのに。

そして、心をさらけ出してくれた。

母ちゃんにどう思われるか、他の人にどう思

われるかという不安を越えてぶつかってきて

くれたその人に、母ちゃんは、一瞬で落ち

た。

 

 

母ちゃんは、人に心をさらさない。

だからこそ、それができる人はとても素晴ら

しいと思っている。

そんな人には、敵わない。

 

 

そしてその人は、決して母ちゃんを裏切らん

かった。

 

 

今は、遠いとこで暮らしているけど、心はつ

ながっている。

 

 

母ちゃんは、その人がどこにいようと、その

人の味方でおり続けることに変わりはない。

 

それが母ちゃんなりの、勇気を出して来てく

れたその人へのお礼なんや。

 

 

 

待っとって手に入るもんはない。

欲しいもん手に入れるのに勇気出せやんよう

なやつは、最初から欲しがったらあかん。

 

綺麗事言ったり、みんなが見てるから、みん

なにも愛されたいからと思う人は、手に入れ

られるわけがない。

 

 

 

 

 

欲しいもんは、自分から取りにいかなあかん。

 

 

 

 

 

それが、人であっても。

 

 

©Copyright2016 母ちゃんが教える All Rights Reserved.