読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母ちゃんが教える『何とかなるよ』 nantokanaruyo.com

幸せな生き方、教えたるよ。あなたが辛い時、寂しい時、迷った時、一人で乗り越えていけるように。頑張れるように。相手を思いやれる優しい人になってくれるように。間違わんと生きていってくれるように。あなたの心に、きっと届くように。

母ちゃんが教える41『年賀状だけの関係には、何の意味もない。』

 

 

母ちゃんです。

 

 

毎年12月~1月の中旬ぐらいまで、色んな人

が、必ず口にする話題がある。

 

それは、年賀状のこと。

ちなみに母ちゃんは、年賀状に興味がない。

出来るなら、一枚も出さず済ませたいとも思

っている。

あなたはどうやろか。

 

 

 

 

年賀状はどうやら、人の気持ちの浮き沈みに

多少なりとも影響するらしい。

 

たった一枚の年賀状に、いつまでも怒っとっ

たり、しばらく落ちこんでしまう人もおる。

 

 

 

 

今までに、友達や知人から聞いた年賀状にお

けるアレコレについては、みんながみんな同

じような悩みを持っとったな。

 

 

それは、分かるなと思うものから、気にさせ

てしまうで気をつけなあかんなとか、その事

について一言触れといたほうがええんやなと

か、色々と考えさせられた。

 

中には、それは疲れるやろな、という捉え方

や考え方まであった。

 

 

 

年賀状はどうやら、ややこしい。

 

 

 

 

 

年賀状なんて、一年に一回だけや。

見るのなんて、たかだか3秒やしな。

 

 

見た後しばらくして、その人の家族の顔覚え

とる?

母ちゃんは、覚えてない。

 

人なんて、自分や自分の家族にしか興味ない

もんやから、そんなに張り切らんでも大丈夫

やと思っとる。

 

 

変な写真でもええんちゃう?

楽にすぐ出来る年賀状でええんちゃう?

 

 

そんなたかだか3秒のために、無駄な時間は

使いたくない。

 

 

年賀状は所詮、自己満足ときれい事の世界

や。

 

 

 

たった一枚の年賀状でそんなに気にせんでい

いんやなとか、みんなも一緒のこと思うんや

なとか、これからは年賀状が少しでも気楽な

ものになってくれたらええなと思う。

 

それやったら、母ちゃん嬉しい。

 

 

 

 

 よくみんなが言うことやな。

 

「一月一日に届かんかったから、この人は後

出しやったんやろか。私はそんな程度の存在

なんやろか。」

 

 

これについては、その人が宿題を前もって計

画的にやる人か、そうじゃないかによるだけ

や。

 

母ちゃんは、宿題をギリギリにやるタイプや

ったので、毎年25日までに出せた試しはな

い。

 

最低記録は、12月31日やな。

 

 

関係ない。

 

 

 

「自分は、宛名のところに相手の家族の名前

まで書くのに、相手の人は、自分の名前しか

書いてくれない。」

 

 

自分が書いてあげているのにという押し付け

がましい部分を捨てればいい。

相手が、望むか望まんかやな。

自分がそうしたいならしたらいいし、自分も

やり返してやろうとか考えやんでもええ。

 

そんな宛名一つで、その人の家の家族を大事

に思ってないなどとはならん。

大体、書いたら大事に思うことになるのか。

ならんな。媚びただけや。

そして、付き合っとるのはその人だけやろ。

その人だけでええと思う。

 

 

価値観の違いや。

 

 

 

 「出したくないのに、毎年送ってくるから仕

方なく出しとる。しがらみのある付き合いや

し、出さんのはやらしい。」

 

 

それはもう出さんでええんちゃう?

 

しがらみがあるからって仕方なく出すんは、

利用価値があるからと、考えとるからや。

 

普段そんなに心通わせてないのなら、どうせ

その人とはこの先も仲良くはならん。

自分のために何かしてもらえることは、絶対

にない。

思いきって出すのやめたらいい。

 

会うときには、笑顔で普通に接しておけば、

この人はあんまり年賀状を重要視してないん

やなと思ってくれる。大丈夫や。

 

 

 

「全く付き合いがなくて年賀状をやめようと

思っとる人がおる。

自分が出した年には、その人は送ってこやん

かった。そして、後出しで返ってきた。

前の年に送ってこやんかったから、次の年は

もうええなと出さんだら、送ってきた。

今度はこっちが、後出しで返した。

 

こんな、意味のない義理だけのやり取りを、

もう10年続けとる。」

 

 

これも、出すのやめたらいい。

どうせ付き合いないんやから、その人をキー

プしとく必要はない。

相手もやめたいと思っとる。

出さんほうが喜ばれる。

 

 

 

「印刷の文字だけで、手書きの一言は添えて

ない。なんか腹が立つ。」

 

 

これについては、そうやなと思う。

印刷だけにするのは心がこもってないので、

義理丸だしやと思う。

 

なんの目的で送っとるんやろと思われてもし

ょうがない。

ビジネスならむしろ正解やな。

相手が義理ならば出さんでええ。

向こうも仕方なく送っとるんなら、出さんか

ったらホッとしてくれる。

 

こちらも楽させてもらえてありがたい。

 

 

 

「書いてある一言が、誰にでも書いとるんや

と思う短い文で、なんか大事に思われてない

ようで嫌。」

 

 

 

これは、書く枚数が関係しとる場合と、本当

に大事に思ってなくて義理で出しとる場合と

に分かれる。

 

書く枚数が多い場合、どんだけ親しくてもし

ょうがないと思う。

すべての人に長いコメントを書くなんて無理

やわ。

手が疲れる。

 

ただ、およそ叶わんのやろなという文を書く

人とか、誰にでも同じような文を書いとる人

っていうのは、人によっては寂しく思わせて

しまうから、配慮したほうがええかもな。

 

母ちゃんが昔もらった年賀状で、どうしても

つっこまずにはおられやんかった笑い転げた

年賀状があった。

 

ものすごい遠い県に引っ越した子からの、

「今年もランチ行こうね」

の文やった。

 

新幹線に乗って会うつもりか。

 

これにはしばらく笑わしてもろた。

 

この子は毎年大量の年賀状を、書いとる。

今だにしょっちゅうメールしたり、電話で話

したりしているので、何とも思わん。

 

こんなふうに、何も考えずに書いているとい

う場合もある。

 

その人が好きじゃないのではなく、年賀状が

好きじゃないんやな。

年賀状をそんなに重要視してない。

 

 

 

年賀状にその人の自分への思いが全てこめら

れていると思うのは違うやろな。

 

色んな人がおるんやから、年賀状も色々や。

 

義理なら出さんだらいい。

 

一年付き合いがないなら当然出さんでいい。

 

 

相手の年賀状の、ちょっとした配慮のなさ

と、自分を大切に思われてないということと

は関係ない。

 

自分だってそれほど一枚一枚に心込めて書い

てないやろう。

 

お互いに、年賀状は大変やな。仕方ないな。

と思ってあげれたら、いろんなことが気にな

らんくなると思う。

 

相手の事情や性格やらを、分かってあげたら

ええんちゃう。

 

心込めようが、たかだか3秒しか見やんうえ

に記憶にも残らへん。

 

 

母ちゃんが、犬の写真を年賀状に入れて出し

た年があったんやけどな。

 

年明けすぐに、友人に犬の話をしたら、「犬

飼ってるんや~」と笑顔で言われたときに

は、年賀状の写真なんて適当でええな。楽や

な。と思ったもんや。

 

そんなもんやわ。

 

 

ただどうしても記憶に残る年賀状もある。

 

それは大切な友達からの、笑かすこと一本に

情熱を注いだんやろうという年賀状や。

 

 

 

見た瞬間にぶはっと笑わすことを、目的とし

ている。

 

 

その中で覚えとるのは、

 

何でこの写真を選んだんやと思わず吹き出す

ような、リアルに変な顔の写真入り年賀状。

 

家族が笑顔でうつった写真入り年賀状の、旦

那さんのとこに矢印が入っていて、この人と

早く離婚したいとコメントが入っていた。

 

普段お互いに盛り上がっているネタや自虐ネ

タを書き込んできている。

 

本当に楽しい。

そういう年賀状だけは、いつまでも覚えてい

る。

 

 

 

 

誰にでも書いてるようなコメントしか書いて

ない年賀状のうち、大切な人を除いては、そ

れは本来出さんでもええ人なんちゃうかな。

 

 

 

母ちゃんの友達で、後出し戦法で成功した人

がおる。

 

その人は毎年、来た人にだけ出すんて。

自分からは出さん。

出した、出してないの二度手間が嫌らしい。

 

一月三日まで待って、その到着分までの人に

年賀状を返す。

四日以降に着くのは、返事も返さん。

それを続けてくと、自然と大事な付き合いの

ある人しか残らん。

 

その人が最終的に出す年賀状は、三枚だけに

なったらしい。 

 

 

 

母ちゃんは今年から、これからも付き合いた

い大切な人にだけ出すことにした。

 

それ以外の人は、どれだけ関係があろうが会

っている回数が多かろうが、こちらからは最

初に出さんことにした。

 

きた人には、後に返事を書くことにする。

 

おかげで今年は、26日にポストに入れること

ができた。

 

 

最高記録や。

 

 

 

 

 

 

年賀状だけでつながっとる関係の人なんて、

今後もきっと、関係がない人や。

 

大切な人には、会った時に直接挨拶したらい

い。

 

年賀状を出したからといって、義理を果たし

たことにはならない。

 

相手はどうせ覚えてもない。

 

 

 

 

 

 

 

たった3秒でつながる友情など、存在せん。

 

©Copyright2016 母ちゃんが教える All Rights Reserved.